デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
モーメントに戻る

食べて、飲んで、ピンクに込める思い

2016年10月1日
ザ・ペニンシュラシカゴを染めるピンク色

ザ・ペニンシュラシカゴでは、乳がんに対する意識向上月間であるこの10月、ザ・ペニンシュラホテルズの「ザ・ペニンシュラ・イン・ピンク」という取り組みの一環として、あらためてピンクに思いを込めています。 ザ・ペニンシュラシカゴのさまざまな取り組みを通じて、飲食を楽しみ、ピンクに思いを込めてくださるすべてのお客様が、地元の慈善団体であるLynn Sage Cancer Research Foundation(リン・セイジがん研究基金)を支援することになります。

10月末まで、ピンク色に染まったアフタヌーンティーをお楽しみいただけるチャンスです。 ザ・ロビーでは、バラ色のスイーツ、おいしい軽食を銀製の3段ティースタンドに載せた特製ピンクアフタヌーンティーをご用意し、お茶1杯を売り上げるごとに5 USドルを前述の慈善団体に寄付いたします。 もう一つのハイライトは、ミシガン通りのサックス・フィフス・アベニュー(Saks Fifth Avenue)が2015年10月9日に1回限りで開催するファッションショーです。マックス・マーラー(Max Mara)、アクリス・プント(Akris Punto)などのライフスタイルブランドや、選りすぐりの靴、ハンドバッグが登場します。 ザ・ロビーで特別開催されるこの「 ピンクアフタヌーンティーファッションプレゼンテーション」のゲストは同店に招待され、ショッピングをすると、当日のお買い上げ金額の10%がLynn Sage Cancer Research Foundation(リン・セイジがん研究基金)に寄付されます。 

お食事での社会貢献のほかにゲストの皆様におすすめなのが、ピンク色のお飲み物です。 ザ・バーでは、カクテル「“プリティ・イン・ピンク”」を1杯売り上げるたびに寄付を行います。 このピンク色の特製カクテルは、ストーリ・ヴァニラウォッカ、ライチーピュレ、ラズベリー、少量のレモンジュースをミックスしたものです。 ご家庭での「プリティ・イン・ピンク」の作り方は、下の動画でご覧いただけます。

ピンク色のお料理やお飲み物のほかに、ザ・ペニンシュラ スパでは癒しのピンクにも注目しています。 10月中、「 “Pedi-for-a-Cure”」ディープナリッシングペディキュアをご予約になると、施術ごとに10 USドルが Lynn Sage Cancer Research Foundation(リン・セイジがん研究基金)に寄付されます。 ご予約時に「“Pedi-for-a-Cure”」とお申し出ください。 

乳がんに対する意識向上月間に向けたもう一つの支援も、ホテル全館で開催されています。例えば、メインエントランスの「ザ・ペニンシュラシカゴ」の文字には、2015年10月1~31日の毎晩、ピンク色の美しいイルミネーションが施されます。 また、フラワーアレンジメントの配色にはローズ色が取り入れられ、“記念樹”には、がん生存者の方のお名前や、大切な方の思い出を記していただけます。

2015年に5周年を迎えるザ・ペニンシュラ・イン・ピンクキャンペーンでは、新たに「アート・オブ・ピンク」をテーマに掲げ、乳がんに対する意識向上および募金活動に取り組みます。 世界中のザ・ペニンシュラホテルズにて、お客様にお楽しみいただけるよう、ピンクをテーマにしたアート、ダイニング、スパをお届けいたします。

斬新なパブリックアートと「アート・オブ・ピンク」を支援する世界的な取り組みに合わせて、ザ・ペニンシュラシカゴでは、香港のPearl Lam Galleries(パール・ラム・ギャラリー)がキュレーションをつとめ、有名な韓国人アーティストのチェ・ジョンファ(Choi Jeong Hwa)氏が製作した「Alchemy(アルケミー)」と題された一大アートインスタレーションを展示いたします。 「Alchemy(アルケミー)」という照明を使ったサイトスペシフィック・インスタレーションは、溶かしたLED照明、プラスチックの球体、鋼材から成る24本の“トーテムポール”です。 ピンクのトーテムポールのうち、アーティスト自身が特別に選んだ1本が展示され、10月末にオークションに出品されます。この売り上げは、ザ・ペニンシュラシカゴが提携する地元慈善団体Lynn Sage Cancer Research Foundation(リン・セイジがん研究基金)に寄付されます。 「Alchemy(アルケミー)」についての詳細は、こちらからご覧ください。>

「ザ・ペニンシュラ・イン・ピンク」、「アート・オブ・ピンク」は、10月1日に初日を迎えます。ぜひご参加ください。 

このページの先頭へ